冷房病 で お悩みの あなたへ


冷房病 とは、
冷房(クーラー)で頸が冷やされて、頸の深部筋肉の硬化が起こり、
硬くなった筋肉が、頸の中を通る
自律神経(交感神経)や感覚神経を
刺激することによっておきる症状です。

  • こんな症状・お悩み ありませんか?
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 冷え
  • 風邪
  • 冷房病に特徴的な自律神経失調の症状です。

頸の深部筋肉の硬化は、
マッサージや低周波では、ほぐすことが出来ません。

現状では鍼灸経絡治療が、おすすめな対処方法です。

鍼灸経絡施術では、
頸と肩廻りに鍼を刺し血行を良くして
硬くなった筋肉を緩め、
交感神経や感覚神経に対する刺激を軽減します。

さらに、経絡治療により
自律神経(交感神経)のバランスを整えるので
症状は速やかに、大幅に改善します。

冷房病は、頸が慢性的に凝っている方ほど
発症しやすいと考えられます。

ぜひ、鍼灸経絡施術
施術を受けてみてください。

このページの先頭へ戻る ▲