腰の痛み・ぎっくり腰 で お悩みの あなたへ


腰の痛み・ぎっくり腰 には、鍼灸

腰の痛み 」には、
A) 慢性的な痛みと
B) 急性の ぎっくり腰( びっくり腰 )
2種類があります。

ほとんどの場合、どちらも腰の筋肉が疲労して硬くなり、
筋肉の間を走る神経を圧迫して、
痛み が生じるものです。

ぎっくり腰 などの急性の痛みは、
腰の筋肉が、疲労し、硬くなった状態の時に
重い物を持ち上げる、かがむ、くしゃみ など
腰 に 急激な負荷がかかった際
に、
筋肉が緊張して傷つき 痛みが生じるものです。

「ぎっくり腰」の場合、
西洋医学では、
痛み止めの薬 と 湿布薬 を処方され、
痛み が治まるまでに2〜4週間くらいはかかります。

一方、鍼灸治療 では、
2〜3回の治療で、1週間程度で
痛みは治まります。

慢性的な腰の痛み は、
姿勢の悪い 立ち仕事、座り仕事 などで
慢性的に腰の筋肉が硬くなったものです。

西洋医学では、
湿布薬 を貼り続けるだけです。

一方、鍼灸施術 では、
刺鍼することで筋肉の中の血行を良くし、
栄養が補給されます。
すると筋肉が徐々に柔らかくなり回復し、
治療のたびに痛みが少なくなり、
痛みを完全に治めることが出来ます。

是非お試しください。

このページの先頭へ戻る ▲